人気ブログランキング |
<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
homify(日本語版)-16/03
ドイツのオンラインマガジンhomifyの日本語サイトに、MICHI KOBAさんによる作品の解説記事が掲載されました。

新たな風景をつくる杉板外壁の家「サシガネの家」

とても分かりやすく作品の紹介をしていただいています。
homify(日本語版)-16/03_a0212380_10264374.jpg

また、以前に解説していただいた別の作品の記事もあわせて。
時を重ねる住まい「積日隆替家屋」

homify での 岩本賀伴建築設計事務所
by giaab | 2016-03-17 07:49 | 主な掲載誌等
明舞団地に行きました
明舞団地に行きました_a0212380_1272818.jpg

明舞団地は、1964年に入居が開始された日本で最も古い中規模ニュータウンの一つです。
兵庫県が団地再生のモデル地区としていることもあり、高齢化と建物の老朽化が同時に進む中、街の活性化を図った様々な試みや事例を伺うことができてとても参考になりました。

明舞第一センタービル(1967年)
団地の中心に位置するビル。第2期再生事業にかかり、近々その役目を終える予定になっています。既にシャッターが閉まっている場所も多く、もう中にあるテナントに活気はありませんが、昭和のレトロな雰囲気は今もなお健在です。
明舞団地に行きました_a0212380_1274923.jpg

松が丘サブセンター(1968年)
接地階が松が丘ショップ、上階が松が丘住宅と呼ばれている、なんとも味のある4階建のビルです。2階の屋上が人工地盤のように広がる形で住宅のアプローチが上手く計画されています。
住戸部分は、神戸芸工大、神戸学院大+メゾンデール、谷工務店、和田興産によってリノベーションされたモデルルーム4室がこの日公開されていた他、元々の住戸タイプも見学できました。
明舞団地に行きました_a0212380_128532.jpg

明舞団地に行きました_a0212380_1281662.jpg

東谷公園(1970年)
団地の中に残された谷間に、豊かな緑を体感できます。道を進むと、そこはもはや団地であることすら感じられないほど深い森の中のよう、綺麗に管理も行き届いています。勇気を持ってひたすら進むと、最後は衝撃的な幕引きで団地の外に放り出されるのですが。。。
明舞団地に行きました_a0212380_1282818.jpg

パン処とと屋(番外編)
最近いい感じにリノベされたパン屋さん。塩パンがとても美味しいです。
明舞団地に行きました_a0212380_1284453.jpg

全国至る所にあるこうしたニュータウンは、経済発展の過程において中間層の夢を映して生まれました。どんどん開発が進んだ時代が、団塊ジュニア世代と呼ばれる我々にとっては羨ましくてしょうがないです。もうそういう時代は一生来ないでしょうけど。。。今となっては再生への課題も多いですが、この明舞団地を見ていると、古いものを活かす街づくりに対する明るい将来への期待も湧いてきます。
by giaab | 2016-03-15 02:31