人気ブログランキング |
<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
震災空地を活用した家プロジェクト
震災後に様々な問題から手付かずのまま今に残ってしまった宅地の活用を促すプロジェクトです。
狭小地の中で個人のプライベートを社会に捧げるまでに街と一体となった「あずまや」のような家を考えました。

震災空地を活用した家プロジェクト_a0212380_1502598.jpg

震災後に出来てゆく街並を住宅の建ち振る舞い方から見直そうという提案です。
15坪の敷地に対し目一杯に街並に開放されて佇むローコストハウスですが、延床面積はなんと12.4坪で概算工事費は900万円台の予定です。

震災空地を活用した家プロジェクト_a0212380_1565349.jpg

ちなみに、立体最小限住宅(池辺陽1950)の延床面積は約14.5坪。それから見ると、今や住宅と呼べるのかどうかすらも微妙な小ささですが、秘められた可能性はあると思っています。
by giaab | 2014-09-11 22:58